間違った入浴法

皆さんの中に美容の為に入浴を意識されている方も多いかと思います。入浴することはリラックス効果やデトックス効果が期待でき、なおかつとても簡単で家で気軽に行うことが出来ますよね。
ただその入浴方法も少しの手違いで肌にとって美容効果が期待出来ないだけでなくダメージを与えてしまう場合があるので注意が必要なんです。

まず湯船の温度。余りにもお湯の温度が高いと肌への刺激が強く、入浴後にかゆみになり、肌の潤いを損ない、乾燥してしまいます。
また身体の洗い方ですがボディソープや石鹸でやたらと隅々まで念入りに時間を掛けて洗う事も、本来肌を守る為にある潤いを与える為の皮脂成分などが必要以上に洗い流されるため、逆にお肌のバリアが無くなり痛める結果となります。

人間は本来、自分自身であらゆる外敵から身を守る機能が沢山あり、身体から分泌される汗や脂もその一種。さらに肌には常在菌も存在しており、必要以上に温度の高い湯船に長時間浸かることや必要以上に身体を洗うことはこれらの機能を低下させることになりかねません。特に乾燥肌の方はその点を十分考慮して、楽しいバスライフをお過ごし頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です